ふわほの日記

ゲームプレイ日記です。あつ森・ドラクエ

【ドラゴンクエスト7】#27 ついに復活!

 

ネタバレご注意ください!

 

前回、過去の時代の魔王を倒しました。

 

マーディラスという国の姫が協力してくれて

ヨハンという青年が神復活の儀式のトゥーラを弾いてくれることになり、

儀式を行うためユバール族と祭壇に向かいました。

 

儀式は成功し、神が復活しました!

世界中で復活を祝う宴が行われました。

 

神の住むクリスタルパレスに行った後、世界に異変が。

 

エスタード島などの一部の島が封印され、

フィールドには強い魔物が出るようになってしまいました。

 

封印を解くため、炎・風・大地・水の精霊に力を借りることに。

炎の山・風の塔・地底ピラミッドの3つのダンジョンをクリアし、封印を解くことができました。

 

そこで、儀式で復活した神は魔王がなりすました偽物であったことが判明しました。

 

 

風の塔を抜けた先に風の迷宮という場所があるのですが、立体的な構造になっていてやや難しかった…

視点を変えながら進むので苦手な人は結構難しいと思います(・・;)

 

いよいよ次が魔王との最後の戦いになります!

ここまで長かった〜(;ω;)

 

 

今回はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

【ドラゴンクエスト7】#26 天上の神殿・魔王と対決!

 

ネタバレご注意ください!

 

前回のコスタールで石版を使って行ける場所は最後でした。

これですべての町を現代に復活させたことになります。

 

次は天上の神殿という場所に向かいました。

そこは昔、神やメルビンと共に魔王オルゴ・デミーラと戦った神の兵の末裔が住む場所です。

神の石の力で空の上に神殿があります。

 

魔王の力によって落ちてしまった神殿を聖風の谷で手に入れた神の石を使ってまた上空に浮かべることができました。

 

お礼に空を飛べる乗り物の飛空石をもらいました!

 

次に魔空間の神殿に行き、過去の神とメルビンが魔王と戦った時代に。

そこで魔王オルゴ・デミーラと戦いました。

 

正直、ここで魔王との戦いになると思っていなくて焦りました(o_o)

でも、常に賢者の石で回復をしたのでそんなに苦戦しませんでした。

詳しいセリフは忘れてましたが、「私が死んでも魂は〜…」みたいなことを言ってたのでおそらくまた後で戦闘になるのかと思います(^^;)

とりあえず倒せてよかった〜

 

今回はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

【ドラゴンクエスト7】#25 コスタール

 

ネタバレご注意ください!

 

前回は現代のレブレサックでいや〜なことがありましたが、気持ちを切り替えて次の町へ!

 

次に着いたのは港町「コスタール

生まれた赤ちゃんが最初の満月の夜になると魔物になってどこかへ行ってしまうという呪いがかけられていました。

 

近くの大灯台に元凶の魔物がいるようです。

しかし、大灯台は真っ暗で入ることができませんでした。

 

コスタール王にホビット族の洞窟にひかりゴケというものを取ってきてほしいと言われたので向かい、最深部でガマデウスというボスを倒しコスタールに戻りました。

 

このひかりゴケを魔物になった赤ちゃんが一度だけ町に戻ってくるのでその時に足元につけて、足跡を辿れば真っ暗な大灯台の頂上に行けるようになりました。

 

頂上でボスのバリクナジャを倒し、魔物になった赤ちゃんも元の姿に戻り町は平和になりました〜

 

ドラクエ7は敵のザキが効きやすい気がします。

1回の戦いで味方が2回も死んだりしたことがありました。

ザオリクで生き返らせてもすぐに次のターンで死ぬみたいな(・・;)

ザキを唱えるモンスターが集団で出てきた時はかなりハラハラします…

 

今回はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

【あつまれどうぶつの森】花火大会

 

今日は今年最後の花火大会。

 

現実では行けなかったから島のみんなと一緒に見れて楽しかったな〜

 

f:id:hono2006:20200830222132j:image

 

みんなが楽しそうなのがうれしかった。

 

テレビで見る花火はとてもきれいで、

音もリアルでその場所にいるみたいだったな

 

つねきちの屋台で景品もらって遊んで、

f:id:hono2006:20200830222546j:image

夏の思い出がたくさんできました(*´꒳`*)

ゲームを作ってくださった方々に感謝です。

 

コロナが収まったら行きたい場所いっぱいあるので、行ける日を楽しみにしばらくはゲームをして過ごします。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

【ドラゴンクエスト7】#24 レブレサック続き②

 

ネタバレご注意ください!

 

レブレサックで魔物の姿に変えられた神父を助けた主人公達。村を覆っていた霧も晴れました。

しかし神父は村人達が罪悪感を感じないよう、村を出て行ってしまいました。

 

夜が明けて神父が出て行ったことを知った村人達は

自分達がした過ちや、神父と主人公達への感謝の気持ちを忘れないように石碑を建てることにしました。

 

現代のレブレサックに行くと石碑が建っていて見てみると、驚くことが書かれていました。

「村を襲ったのは主人公達で、村人と神父が村を守った」という事実とはまったく違う内容になっていました。

石碑の途中から違う石になっているので、

最初は本当のことが書かれていたが、石碑が完成した後に誰かが内容を変えたのでしょう。

 

村を救った主人公達を悪者にするなんてひどい!

 

現代では嘘の話の方が伝わっているので、唯一本当のことを知っている親子は嘘つき呼ばわりされてました。

 

子供が穴を掘って遊んでたら真実が書かれている石碑が見つかって、それを村長に見せたら「村のためにこんなものはあってはならない」と言って割ってしまうし、

村の大人に真実を言っても信じてもらえないし、

なんだか腹が立つイベントでした(o_o)

 

子供達だけは信じてくれたのが唯一の救いかな。

またスッキリしない話だったな(´ー`)

 

今回はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

【ドラゴンクエスト7】#23 レブレサック続き

 

ネタバレご注意ください!

 

前回、魔物の岩山の頂上で神父が魔物と一緒にいるところを目撃しました。

 

前に腕自慢の男性と木こりの夫婦と霧の原因を探るために魔物の岩山に来たが他の3人は殺されてしまって神父だけが残り、ボトクという魔物が出した「自らの姿を魔物に変えるならお前が死ぬまで村は襲わない」という取り引きに応じた。

神父は魔物の姿になって村に戻った。という話を教えてもらいました。

岩山の頂上にいた神父がその取り引きを出したボトクで、正体をあらわし戦闘になりました。

 

村にいた神父の格好した魔物は姿を変えられた本物の神父でした。

村を守ろうとして魔物の姿になったなんて

なんていい人なんだ(´;ω;`)

 

ボトクを倒し村に戻ると、村人達が魔物(神父)を火炙りにするところでした。

慌ててこの人は本物の神父だと伝えると

ボトクを倒して呪いが解けたのか、神父は元の姿に戻りました。

真実を知った村人達は深く反省しました。

神父は傷だらけなのでベッドに運び翌日みんなで謝りに行くことにしました。

 

村人達が家に帰った後、夜明け前に神父が村を出て行くと言ってきました。

自分を見るとみんなずっと罪悪感を抱くことになるからという理由でした。

止めましたが決意は固いようでボロボロの体のまま神父は村を出て行きました。

 

神父さんは何にも悪くないのになんで出て行くんだ〜(;ω;)とモヤモヤしちゃいました。

 

現代のレブレサックに行くと嫌な出来事が…

 

今回はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

【ドラゴンクエスト7】#22 レブレサック

 

ネタバレご注意ください!

 

前回リファ族を救った主人公達。

次に着いたのは「レブレサック

 

村は霧で覆われていて、村人達は悩まされていました。

村長に村の教会に住み着いている魔物を退治してほしいと頼まれました。

 

霧の原因を探るために腕自慢の男性と木こりの夫婦と神父の4人で魔物の岩山という場所に向かったが誰も帰ってこなくて、

代わりに神父の格好をした魔物が教会に住み着いてしまったのだとか。

その魔物は襲ってくることはないが、

岩山に行った神父達を殺して村を覆う霧を作ったのはそいつだ!と村人達は考えていました。

 

しかし、木こりの夫婦の息子のルカスだけは

神父の格好をした魔物は悪い魔物ではないのかもと思っていました。

魔物は悲しそうな顔をしていてなんだかかわいそうだと思ってしまいました(´ー`)

 

その夜、住み着いた魔物を倒すため村の男達とルカスと主人公達は集まりました。

ルカスが言った悪い魔物ではないのかもという言葉が引っかかったので、ルカスと一緒に魔物退治を断りました。

すると、主人公達とルカスは魔物の仲間だと疑われ魔物の岩山に閉じ込められてしまいました。

仕方なく魔物の岩山を超えて村に戻ることにしました。

 

岩山の頂上には神父と魔物がいてそこで霧を作っていました。

なんでここに神父さんが?

その理由は…

 

もはやドラクエ7ではあるあるのモヤモヤした展開に。

 

今回はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます!